予防歯科


正しいブラッシングで、歯を守るのは患者様ご自身です

yobo_main

厚生労働省や日本歯科医師会が推進している「8020(はちまるにいまる)運動」。満80歳のときに20本以上の歯を残そうという運動によって、少しずつ日本において虫歯や歯周病になる前に未然に防いでいこうとする「予防歯科」の概念も少しずつ広がってきています。
歯科先進国であり予防歯科の考えが定着している北欧では当たり前のように達成されている8020ですが、日本ではまだまだ。多くの人が80歳代で20本の歯を残すという目標は達成できていないのが現実です。
「入れ歯やインプラントがある時代に、歯が20本以上残った状態の何が良いのか?」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。もちろん、食べ物を噛むことができるということは当然ですが、噛むという行為によって脳に刺激が与えられるのです。
自分の歯が20本以上残っている高齢者の方々は、歯があまり残っていない方と比べてもより活動的でいることができ、寝たきりになるケースが少ないという報告もあるのです。

予防歯科という考え方

まだ多くの方々は、「歯が痛くなった」=歯医者さんに行くという考えをお持ちかと思われます。
ここで考えていただかなくてはならないのは、歯が痛くなった=症状が進行した状態であるということ。
歯の悪くなってしまった部分を削る → また虫歯になり痛みを感じて歯科へ → また削る → また虫歯になる…この状態を繰り返し続けていった先には「歯を失う」という結論が待ち受けているのです。
悪くなってから治療するのでは遅いのです。
虫歯になったから、歯周病になったから治療するという受けの姿勢ではなく、積極的に歯の良い状態を保つことを目指して日常のブラッシングによるセルフケアと、定期的に医院に足を運んでいただき、なかなかブラッシングでは取りきれていない汚れに対するケアを行うことが予防歯科の肝となります。

セルフケアの質の向上

ご自身が毎日している歯磨きを振り返ってみてください。
ただ、なんとなく歯を磨いていませんか?歯ブラシを口に入れて、動かすことだけではしっかりとしたブラッシングにはならないのです。
ひとりひとり歯の形や歯並び、口のなかの状況はさまざまです。自分が磨きの残してしまいがちな部分をきちんと理解することからはじめましょう。
歯に付着している歯垢(プラーク)を、毎日のブラッシングによってきちんと取ることが大切です。
上記のようなしっかりとしたブラッシングが出来ている場合でも、歯周病を引き起こす歯石は完璧に取ることは不可能です。定期的に医院で歯石の除去などをおこなうことによって、

正しいブラッシングと定期的な歯科医院での検診は虫歯や歯周病を防ぐための大切な両輪といえます。
日頃のセルフケアにより、出来る限りお口の中を清潔な状態に保ち、定期的に歯科医院にてチェックを受けて、 必要であれば上述の歯石除去やPMTCを行っていくことが末永く自分の歯で楽しい食事をする秘訣と言えます。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)について

日常のブラッシングだけではなかなか落とすことができない歯に付着した汚れや、歯肉周りの汚れについて専用の機器を用いてプロによるクリーニングをおこなうことを、PMTCと呼びます。当院では¥6,480円にて承りますので、お気軽にご相談ください。


お問い合わせはこちらから
検査のご予約はお電話でも承ります

診療時間
【休診日】木曜・祝日
【午前】09:30~13:00
【午後】14:30~19:00

※土日午後の診療時間は上記と異なりますので、ご注意ください

PAGETOP
Copyright © パール歯科医院 巣鴨 All Rights Reserved.